ショアジギングタックル関連

磯釣りにオススメ!防水でコスパに優れたバッグ!

最近磯での釣行が増えていますが、磯で釣りする時に最も頭を悩ませていたのが荷物をどうするかという問題。ヒラマサ狙いの時はお昼過ぎまで粘ることもありますし、食料やキープするための道具など荷物が多くなりがちですよね。
というわけで、新しくバッグを買う事にしましたよ。

防水のシンプルなバッグ

エコライドワールド ドライバッグ 20ℓ
Eco Ride World Drybug 20ℓ

釣具屋さんやAmazonを徘徊して購入したのはこちらの商品です。よく売ってるタイプの防水の袋のような形をしたバッグです。このメーカーに限らず、同じ形の商品のロゴが違う物がたくさん流通していますね。5ℓ、10ℓ、20ℓ、30ℓ、40ℓと様々なサイズが出ています。

単純な袋に肩掛け用の紐がついただけのすごくシンプルな構造をしていますね。防水で荷物もたくさん入るのでこれに決めました。

使って見ての感想

使い方はシンプルで入口のところを三、四回巻いて止めるだけ。

実際に蓋をするとこんな感じになります。

実際に何度か使って見た感想なんですが、ポケットなどもないシンプルな構造ゆえ全部ごちゃまぜで打ち込むことしかできないのが難点ですが、防水で泳いでも水が侵入しないのである程度想定した使い方ができています。
長時間釣りをする際はなるべく身軽にしたいので、飲み物や食べ物、キープするためのストリンガーやナイフ、ショックリーダーなんかもバッグに入れてしまってベストの中はルアーだけという状況にしています。荷物もたくさん入りますが、20ℓでは大容量すぎたので、10ℓでもよかったかもしれません。
使わない時はグルグリに丸めておけばかなり小さくできて場所もとりませんね。

値段の割には実用性が高いですし、様々な大きさから選ぶこともできるので、釣り場に着いたらベースを構えて荷物を置いてしまう方から、背負いっぱなしでランガンする方まで、磯での荷物の持ち運びに悩んでいる方にはオススメできる商品なんじゃないかと感じます。
何より釣り具メーカーが出してるものより圧倒的に安いので、一度試してみてくださいな。

関連項目

年も開けて随分気温も下がりましたね。寒くなってきたら釣りは暫くお休みする方もいますが、北風に身を切られながらも釣りをする…

2016年の釣行は1月から6月までは主にバスを追いかけ、7月以降は房総半島に青物を求めて釣行することが多かったように思い…

ショアジギングの時は以前紹介した阪神素地のスパイク底のモデルを使っていたのですが、いまいちグリップ感の足りなさを感じてい…

タイトル通りステラに糸を巻くだけの記事ですが、糸巻き量の表記ってどうなのって時ありませんか? 当然、ラインによって太さは…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です