シーバス

2016年シーバス秋爆Part2!いきなりランカー登場したよ!

秋のシーバスシーズンの開幕で、再び湾奥某所にウェーディングに行ってきました。なんでも前回の釣行時よりもいいサイズが上がっているそうで、仕事が終わってから釣り場までダッシュで行くことにしましたよ。
https://foolishholidayclub.com/2016/11/30/005429/
ウェーディングは一定の危険度があるため、できる限り複数人での釣行をしたいところですが、今回は都合がつかず久々でのソロでの釣行となりました。

あれでかいサイズは?

釣り場に到着してみると、橋脚の流れのヨレでシーバスがボイルしています。早速浸かって橋脚のヨレにバイブレーションやシンキングペンシルをぶん投げているとコツコツと当たるのですがなかなかフッキングしません
やっとの思いで、フッキングするとやたらと軽い手応え...

2016-12-03-01

ぶれぶれの写真ですが、釣れたのはこのサイズ。どうも橋脚付近でボイルしているのは、このサイズがメイン。セイゴばかりすごい数がいそうです。
セイゴの猛攻に四苦八苦してるとようやくずっしりとした手応え! 上がってきたのは...

2016-12-03-02

水筒の蓋でした。水の抵抗を受けて最初はマジで魚かと思ってしまいましたよ。とほほ。
サイズが上がってると聞いたのに釣れるのはセイゴと水筒の蓋のみ。でかいのどこ行ったん?

流心にでかいのがいる

橋脚付近は流れもヨレていて街灯も当たって非常に釣れそうな雰囲気なのですが、どうやら、釣れるのはセイゴばかりなようで流心を超えた対岸のカケ上がりを狙うことにしました。
まずはTKLM 12/18で探ってみるのですが、表層は静かで何も反応がありません。それならとK2F 122MSにルアーチェンジして、レンジを下げてボトムすれすれを狙ってみると、これが正解だったのか明らかにバイトが増えてようやくのヒット!エラ洗い一発で痛恨のバラシ!続けてヒットに持ち込むもまたもバラシ!
ムムム...ヒットルアーを見つけたのにこれは良くない流れだ。
心機一転でミノーから先日の釣行で拾った少し重めのシンキングペンシルに変更して少し沈めて巻いてみる。拾ったルアーなんで根周りも恐れず攻めることができる。
何投かするとガツンという手応えから、いいサイズのシーバスがヒット

2016-12-03-03

目測で65cm弱と行ったところ、ようやくまともなサイズのシーバスを釣ることができた。ヒットルアーはダイワのスイッチヒッター 85S。拾ったルアーだけどこれすごく使いやすいぞ!
どうやらこの日は、シーバスが餌を食っているレンジが深めの様子、正直ウェーディングではレンジはあまり気にしないたちだったが、ボトム付近で反応が良いのは明らかだった。

そしてランカー登場

個人的にバイブレーションはあまり使うタイプではないのですが、流れが強い中でボトム付近を攻めやすいは間違いなくバイブレーションです。近くの人も中華ロリベで反応が良いと言っていたので、私もバイブレーションにチェンジすることにした。
ブルーブルーのナレージ50を遠投してカケ上がり付近をリフトアンドフォールで誘っていると、フォーリング中にひったくられるようなバイト!合わせてみると明らかにランカーを思わせる手応え!
人の多さを考え手前まではある程度強引に寄せてきて、手前まで寄せてからはフックへの負担を考えてドラグをかなり緩く設定し直した。秋のグッドコンディションのシーバスとの久々のやりとり、慎重に弱らせてからお手製のウェーディングネットでランディング!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウェーディング中なので正確には測れなかったが、82cmくらいのブログ始まって以来のランカーシーバスの登場である! 仕事の疲れで顔がやばいがコンディションも秋らしい重量感あふれる非常に良い魚体だつた! いやぁ嬉しい! 写真は近くのアングラーに写真を撮影していただきました。ありがとうございます。

2016-12-03-07

ヒットルアーのナレージ50。フロントフックはペンチで戻してしまったが、リアのフックは全部伸びていて、使い物にならなくなっていた。手前でドラグを緩くしたのはどうやら正解だったようだ。

大満足の釣行

今回は色々得るものの多い釣行となった。
まずはお手製のウェーディングネットに関して、おそらく、今回キャッチしたサイズが限界ではあるが、適当に作ったネットでもランカーを問題なくランディングすることができたということ。
二つ目に、あまり個人的にバイブレーションはあまり使わないタイプなのですが、シャローでもとても使いやすいバイブレーションもあるんだなってもの新鮮な感覚だった。去年、ナレージを使って目の前で連続で魚を釣ったのを目撃していたのですが、なるほどこういうことかと納得してしまった。
ランカーを仕留めてほくほく顔で帰路につくついでに地元のアングラーに話を聞いてみると、みなさん70cmほどのシーバスを仕留めている様子。私も中盤バラシに苦しめられたが、久々となるランカーシーバスを釣ることができたので得るものも多く大満足の釣行となった。

使用タックル
ロッド ufmウエダ ソルティプラッガー ボロン SPS-962SS-TiEX ’03 Limited Edition
リール シマノ 12 レアニウムCi4+ C3000
ライン よつあみ G-soul スーパージグマン WX8 1号 / 20lb
関連項目

秋爆と呼ばれるシーズンも終わりを迎えそうになった頃、まだまだ2016年のシーバスを釣り足りてない私は、大潮の絶好のウェー…

ここ最近の連日のシーバスフィッシングではディープウェーディングで、ランカーが出たりセイゴサイズが爆釣したりと比較的調子の…

ランカーまで登場した前回の湾奥のウェーディングシーバスゲーム。ベストシーズン中での釣行ということもあっていい結果が出てい…

自分自身でも忘れていますが、私は元々はシーバスアングラー。今年はブラックバスばかり追いかけ、秋以降は磯に通うことも多かっ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です