シーバスタックル関連

実績と信頼のルアー!チューンドK-TENの新作が出たぞ!

私は道具に対するこだわりはなかなか強くて、竿といったらufmウエダ、ルアーといったらタックルハウスが好きです。私が釣りを始めた頃は、K-TENブルーオーシャンの全盛期で、飛距離が必要な場面ではまずはこいつにお世話になったものです。
同社のルアーを長いこと使い続けていますが、特にK-TENシリーズはシンプルな外見が非常に私の好みで、このシンプルさの中に釣れるための要素をたくさん詰め込んだ使いやすいルアーだと感じています。

シーバスルアーの新作

そんなK-TENシリーズから秋のシーバスシーズンに活躍しそうな新作がリリースされていたので買ってきましたよ。
Tuned K-TEN Lipress Minnow TKLM 8/9.5
チューンドケーテン リップレスミノー TKLM 8/9.5

2016-12-02-01

主にシャローエリアでパイロットルアーとして使っているルアーの小型バージョンです。

小粒ながらパワフル

すでに数多の実績ある兄貴分であるTKLM 9/11から微妙なサイズダウンをしたニューモデル。8cmと小粒なルアーながら貫通ワイヤー特注のスプリットリング太軸のフックと見据えているのは完全にランカーシーバス。
小さいからといって小型のサイズを狙っているわけではないというタックルハウスの意気込みが伝わってくるこだわりのルアーです。

2016-12-02-02

上がTKLM 8/9.5、下がTKLM 9/11
比較してみると、サイズに大きな違いはないですが、使用感はどう違ってくるのでしょう? 大型ルアーに負けないアピール力を持ったTKLM 9/11と性格の違いとかがあるのかな?
私の中でタックルハウスのルアーはハズレがない完成度の高いルアーをリリースしてくれるという信頼感があり、秋のシーバスシーズンに向けて活躍してくれるであろうこと間違いなしのルアーなのでした。

関連項目

ここ最近の連日のシーバスフィッシングではディープウェーディングで、ランカーが出たりセイゴサイズが爆釣したりと比較的調子の…

秋も終わりを迎えた頃、湾奥でのシーバスの釣果が振るわない様子だったので、千葉のシーバスジャンキーこおり君に案内してもらっ…

大潮の間に良い日に当たらないかなと思って三夜連続のシーバスウェーディングゲームに行きました。竿が折れたことによる心の傷は…

普通の人は出かけようと思ってるところに雨が降ってきたら萎えますよね。しかしながら、釣り人の中には雨で魚の活性が上がって喜…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です