津久井湖への連日の釣行!パターンは見えてきた!二日目

どうも、津久井通い中のあだちです。前回の釣行はこちらです。連日の津久井湖釣行の二日目になります!

二日目!湖全域をチェックしてみる!

この日は湖全域をチェックしてみようと、下流部にあるボート屋さん出船してから上流部である道志方面までチェックしてみることにしました。朝一はテンポが早いスピナーベイトを投げながら延々流していきます。

すると開始直後にアシ際で30cm位のがヒットしたのですが、そのあとはずーっと沈黙で沼本ボート近くまでやってきました。

上流部はゴミが多くて無理にエレキを使うと故障の原因になります。

本当にごみがきつい場所はエレキを上げて一寸法師のようにオールで濃いで進んでいきました。苦労してゴミエリアを抜けるとそこには池原ダムのような透明度な水が待っていました。

綺麗な景色に見とれていると、岸際を40cm以上のバスが2匹群がって泳いできたのでルアーを投げるも無視です。クリアだとサイトが途端に難しくなります。スピードを上げて逃げるわけでもなく進路を変更することもなく通り過ぎていく様はさすがハイプレッシャーレイクの見えバスですね。

最上流部まで進むもウグイやオイカワなどのベイトは沢山いるのですが、バスはほとんどいなくて諦めて下ると久々にロクマルモンスターを発見しました。勿論ルアーには反応してくれませんでしたがやはり関東有数のビッグバスレイク、夢がありますね。

夕マズメはトップで

ここから下り始めたのですが気付けば14時を過ぎており下流部に着く頃にはちょうど夕まずめです。

最後に最近好調な日赤下に入ると短時間で25~30cm位が3匹釣れたのでこれにて二日目は終了です。二日目は最大33cmの4匹という釣果でしたがほとんどエレキで移動していたので仕方がないところです。

でも、湖全域をくまなくチェックできたのは非常に大きな収穫になりました。その時期釣れるエリアっていうのをおおよそ絞りきることができましたしね。

入念な調査は終わった

実はぐっさんからそろそろ動画撮影を真面目にやりたいと言われていたので、「じゃぁ津久井湖にしない?」と私が提案してみました。釣れる時期と言われる夏を過ぎて今は秋だし、動画が成立する位の釣果が得られるか心配でしたが何とかなりそうですね。

目ぼしいポイントも見つけたし魚のポジションも大体把握できたので、あとは当日魚が釣れることを祈るばかりです。ご期待下さい。

関連項目

どうも、津久井湖通い込み中のあだちです。 家から近いもののタフレイクという事でなかなか足の向かない津久井湖ですが、前回…

どうも、あだちです。 釣りに行き過ぎて疲労感がヤバイです。今月は遠征も控えてるのでいいかげん休養しないといけませんね。…

どうも、あだちです。 涼しいというか寒い今日この頃、何を血迷ったのかタフレイクとして名高い津久井湖へ行ってきました。 …

バスもシーズンインした頃にタフレイクを通り過ぎてデスレイクとして名高い津久井湖にあだち君と一緒に行ってきましたよ。 め…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です