コラムタックル関連

ラインシステムの切れどころを考える

釣り場でラインシステムを組むのってすごくめんどくさいですよね。特に寒い時期は手が悴んでますし、グローブを外す必要があったりで、めんどくささに拍車がかかります。

PEラインの登場

今はシーバスにおいてはPEが主流といえるくらい普及しているのでFGノットを組めば終わりですが、ナイロンが主流だった頃はビミニツイストでダブルラインにして、オルブライトノットでリーダーを結んで、スナップにダブルクリンチノットと三回も結ぶ必要がありました。ラインブレイクなんてしようものなら魚は逃げるわ、ルアーはなくなるわ、ノットは面倒臭いわと、萎え萎えですよね。
しかし、最近はPEラインの進化によって、細くても驚くほど強度が高いものが増えてきました。そのため、ラインシステムの切れどころを考える余裕が出てきたといえます。ノットの精度が高いことが大前提となりますが、スナップとの結束部分に妥協することなく、安定して「切れどころで切れてくれる」ようになったので、ちょっとした一例を書いておきます。

切れどころを調節する

最近、ライトゲームでは、ラパラ ラピズムX ウルトラライトモデル 0.2号を使っていますが、0.2号の細さでなんと驚きの引張強度が7lbもありますので、トラウトやSWフィネスゲームで3〜5lbリーダーを付けた場合、FGノットがしっかり組めていれば、毎回のようにスナップのところから切れてくれます。根がかりの頻発するボトム付近での釣りではFGを組まずに戦線復帰できるメリットというのは、非常に大きいと感じました。
また、シーバスゲームではヤマトヨテグス PEストロングエイト 1.0号を使っていますが、1号の太さで19lbと非常に強いので16lbのショックリーダーをつけることで、同様にスナップの結び目から切れるようになりました。
PEラインが大幅に進化して、耐久度が上がり細く強くなったことで、十分な引張強度を保ちノットに妥協することなく、リーダーを回収できるというメリットが生まれました。これによってPEラインを使うことによる最大のデメリットである、現場で切れた時のめんどくささを大幅に回避することができるようになります。

環境に少し優しい

また、副産物的なメリットですが、リーダー部分のラインを回収することによって、ほんの少しだけ環境にやさしいのではないでしょうか。注意点としてはFGノットがガイドの中に入っている場合、キャストを繰り返すうちに劣化して切れてしまうことがあるので定期的なチェックが必要です。
釣り場に合わせてメインラインとリーダーを決めていく必要がありますが、要はメインラインより引張強度の低いショックリーダーを使って、精度の高いFGノットとスナップへの結束をしていれば、切れどころを考えたシステムづくりができるようになるため、もし、リーダーを組むのがめんどくさくてしょうがないと感じている方は、是非試してみてください。
強度が高く切れどころを考えやすい、おすすめのPEラインです。

関連項目

ラパラから発売のRAPizm-X (ラピズム エックス)シリーズ使ってきたのでインプレッションとレビューです。発売される…

衝撃のデビューからかなり使い込んだラパラのハイコストパフォーマンスライン、ラピズムシリーズ。いろいろな釣りに使ってみたの…

今年に入って私やすが君の影響で釣りを始めた正義のために戦う企業戦士つばっちくん。ついにマイロッドとマイリールを購入しまし…

PEストロングエイトというヤマトヨテグスの新製品、ようやく実釣で使ってきたので参考になればとインプレッションとレビューを…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です