ショアジギング

狙いはワラサ以上の青物! 期待の高まる千葉の磯!

神奈川県内のショアからワラサを釣ることは容易ではありません。
砂浜で波の音を聞きながらからメタルジグを投げるのが好きで昔はよく通ってたものですが、せいぜい釣れてもようやくイナダになったくらいのサイズでワラサなんてたまーに聞く程度です。最盛期の西湘サーフに行ったことある人なら分かると思いますが、人の多さからいうと宝くじを当てるようなものだと考えています。

真夏の西湘!ライトショアジギング最前線!


随分昔に作った動画がありますが、西湘はこのくらいのサイズがアベレージなのだ。
前回の千葉の磯を訪れた際は神奈川県内でも釣れるサイズのイナダが一本のみだったので、ワラサ以上のサイズを釣りたくてリベンジに燃えながら再び千葉の磯を訪れることにしました。

潮が良くて期待が高まる

この日は大潮で朝まずめが満潮になっています。大きな干満差がありマズメの満潮から干潮までの時間がチャンスタイムと思われます。ポイントに着いてみると、期待通り流れが効いていて、ボイルも目撃することができて非常に良い状態です。少々潮目が遠いですが、これが近づいてくればチャンスはあると考えられます。

2016-08-17-01

前回釣果を得られたタックルハウスのコンタクトフィード ダイビングウォブラー 135を投げては投げてと繰り返すと、釣行開始してすぐバイト! しかし、直後にバラシです。手応えからして前回釣れたサイズよりはるかに大きいサイズと思われ悔しさが残ります。
しばらく、釣りを続けると潮目が近づいてきてメタルジグを遠投していたくによし君にヒット!

2016-08-17-02

同じくらいのサイズの魚が2匹立て続けに釣れましたが、くによし君が新調して修理から帰ってきた竿にとっては魚が小さすぎてティップがプルプルしただけでした。西湘サーフなら良いサイズですが、今回の狙いはこのサイズではありません。

2016-08-17-03

ムツっぽい魚も釣り上げたくによし君。小さい魚と遊ぶためにここまで来たわけじゃないぞ! 遠路はるばる千葉まで来たのだから、もちろん狙うはワラサかヒラマサである!

磯通い遂に実る

比較的釣果の期待しやすい西湘サーフに行かずに、シーズンと呼ぶに早い三浦の磯に通ったり、千葉まで遠征しているのはでかい魚が釣りたいからです。
日が出て水面の様子は少し落ち着いてしまいましたが、メタルジグで小物と戯れるくによし君を横目に沖の流れに向かって朝一バイトがあったダイビングウォブラーを投げ続けます。すると...

やりました65cmちょいくらいのワラササイズです! 正直ヒットした瞬間は引くというより水面でのたうちまわってるだけなので、姿が見えるまではシイラかと思いました。ルアーのかかり方のせいか口が開きっぱなしで上手く泳げなかったのかな。余裕のランディングです。

2016-08-17-04

非常に良い重量感! 3kgを超えた太った良い魚体です! これは実に美味そうだ! 釣って楽しい食べて美味しい青物釣り! しばらく刺身が楽しめそうだ!

悲運のくによし遂に実る

私が磯の裏でワラサの血抜きしてる最中に、くによし君も何やら騒いでいます。どうやら、私がトップで釣ったのを見てメタルジグからトップに付け替え、一投目で何かヒットさせたようです。
磯の表に回ってみると水面で暴れてるのはナイスサイズのシイラ! ちょうど私が魚の処理で磯の下に降りていたので、波に乗せてブチ抜いてリーダーも持ってずり上げます。

2016-08-17-05

90cmくらいのシイラゲッツ!ヒットルアーはヤマリアのローデット 140F! 竿が折れ、スナップが開き、悲運に苛まれたくによし君がついにKR-X ショアジギングに入魂することができた瞬間でした。

シイラのチェイス!

ワラサとシイラを釣って時合いが去ったのかしばらくは水面も穏やかな状態が続きます。休憩を挟みつつつのんびりと投げ続けると再び潮目が寄ってきました。すると、くによし君が投げる、ローデットに再び激しいバイト! フッキングしないものの、磯際まで後ろから多数のシイラがチェイスしてきているのを確認できました。
チャンスタイムの到来に私もシイラの群れに向かってダイビングウォブラーを投げます。しかし、チェイスはあってもバイトはしない...潮が引いたためか足場が高く、磯際では綺麗にアクションさせられないために食わせられないと判断。あえて群れの向こうまでフルキャストして思いっきりジャークしてアピールします。
すると群れが沖に向かって泳いでいくのが見えます。ダイビングウォブラーに泡を噛ませて水中に潜り込ませると狙い通りにバイト!

2016-08-17-06

上がってきたのはくによし君より少し小ぶりな80cmくらいのシイラ! ワラサよりよく引いて楽しませてくれました。リリース不可能なダメージを与えてしまったのでキープすることに。

やはり千葉は魚影が濃い

完全に潮が引いて干潮間際になると、流れも緩くなって釣れる雰囲気ではありません。明らかにダメな感じで釣果的にも満足したので魚を捌いて納竿することにしました。捌く前に記念撮影。

2016-08-17-07
2016-08-17-08
2016-08-17-09
2016-08-17-10
2016-08-17-11
2016-08-17-12

釣れた魚を処理している時にお腹から出てきたのは消化しかけのカタクチイワシです。釣行中もこのサイズのイワシを多数確認することができたので、こいつらがベイトで間違いないでしょう。
ワラサはもちろん、シイラはリリース不可能なダメージだったため全てキープしました。いやー、今夜からしばらく刺身です! 釣って楽しい! 食べて美味しいショアジギング!
大満足の千葉釣行となったのでした。

使用タックル
ロッド ufmウエダ プラッギングスペシャル ボロン CPS112EX '99 Limited Edition
リール シマノ 12 レアニウムCi4+ 4000XG
ライン よつあみ G-soul スーパージグマン WX8 2号 / 35lb
リーダー よつあみ Galis FCアブソーバー 12号 / 40lb
関連項目

今年初のショアジギングは完膚なきまでの撃沈に終わってしまいました。昔から言われているように三浦の磯のシーズンは秋から。7…

シーズンには早いもののショアジギングの調査をすべく、三浦の磯へくによし君と二人で再び訪れることにしました。 http:/…

如何に魚影の濃い千葉といえども、ヒラマサを釣るのは容易ではありません。けど、いつか夢見た大物との出会いを後悔を残して終わ…

ヒラマサを求めては外房の磯に通っているのですが、ヒラマサらしき魚影は見えども釣り上げることはできずにボウズの日々が続いて…

狙いはワラサ以上の青物! 期待の高まる千葉の磯!” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です