ブラックバス

野尻の遠征3日目! 全てを込めた最終日! 狙うは40アップ! 後編

さて、午前中に目論み通り40アップを仕留めることに成功しましたが、雲に太陽がかかる午後まで目ぼしいポイントを打ったものの、反応が良かったのは琵琶ヶ崎周辺のみで、その後は芳しい反応を得ることができません。

2016-08-02-09

やることに困って40馬力のエンジンをぶっ飛ばして、琵琶島周辺のディープの船団に紛れ込むことにしました。

最後に活躍したアイツ

とはいえ、ディープの船団に紛れてダウンショットを垂らしてみても、アタリもなければ周囲が釣れている様子もありません。おまけに風が強くなってきて15ftのボートを船団の中でポジショニングするのも疲れてしまいます。というわけで、朝一にあだち君がバラした琵琶島周辺のシャローへともう一度やってきました。
ちょうど曇り空の雲の切れ目に差し掛かったのか、琵琶島から生えた木が実に雰囲気の良さそうなシェードをシャローに作っています。あだち君がシェードの中に投げたアイウェーバーに40アップと思われるサイズがチェイス! 強烈に表層を意識しているのがわかります。そして極め付けは風に揺られて落ちた葉っぱにまで興味を示したこと!
虫や!
雲の切れ目から覗く太陽が作り出すシェード、その下を回遊するスモール、そして吹き付けてくる風、これは風に揺られて落ちてきた虫を待ち構えている明らかな虫パターン
しかし、あだち君は1日目、2日目ともに虫での釣果を得られなかったので、虫タックルを持ってきていません。私はすでに40アップの釣果を得られていますので、もしもの時のために積んでおいた私の虫タックルをあだち君に手渡して見守ります。
木の先端の葉っぱに引っ掛けてチョウチンメソッドで誘っていると、ナイスサイズのスモールマウスバスのスクールが寄ってきてピンクのインセクターの奪い合いを始めました。そして、ヒット!

2016-08-02-01

2016-08-02-02
2016-08-02-03
2016-08-02-04

あだち君がゲットしたのはこの遠征最大となる45cm / 1130g! キロ超えの実にいいスモールをゲット!
さらに同様のパターンで誘いをかけていくと、スクールからもう一本ヒット! チョウチンしたラインが木から外れないので船で迎えに行きます。これもデカそうだ!

2016-08-02-05

2016-08-02-06
2016-08-02-07
2016-08-02-08

41cm / 860g! 船中3本目の40アップの登場! ヒットルアーは二匹ともにレインズのインセクターやっぱり虫は必要だったのだ

一瞬の出来事であった

この二本の釣果は完全にタイミングとパターンを合わせた結果の釣果と言えると思います。1日目、2日目と私もあだち君も要所要所で虫を使ってきたのですが、全く釣果を得ることができませんでした。
しかし、最終日の3日目に状況、タイミングともに完全にアジャストした末の40アップ二連続となりましたので、釣りにはタイミングを合わせることが必要なんだと、骨身にしみた釣果となりました。
虫フィーバーの後、船を流してダウンショットでスモールサイズを追加。

2016-08-02-10

この後、時間をおいて虫フィーバーした琵琶島周辺のシャローに入り直したものの、スモールからの反応がなかったことからも本当に一瞬のタイミングに釣り方を合わせることができた結果だと思う。
というわけで、今回の野尻湖の遠征はこれで終わり。

2016-08-02-11

最終日はドラマチックな展開だっただけに、動画撮影をするのをサボったことだけが悔やまれますが、みんなで休みを合わせて夢のような三日間を楽しむことができました。
お世話になった花屋ボート&ホテルさん、非常に快適でした! ありがとうございました! 気軽に来ることはできないけれど、ここは大好きな釣り場の一つ。また、遊びに来るとしよう。そうしよう。

関連項目

だいぶ前になってしまいましたが、7月中旬頃のこと、毎年恒例となっている野尻湖遠征に2017年も行って来ましたよ。 相変わ…

ぐっさんと一緒に長野県の野尻湖へスモールマウスバスを釣りに行ってきました。 初日は私、あだちがレポートを書かさせていただ…

釣りよりも動画撮影に力を入れたぐっさん&あだちによるバス釣り動画シリーズれいくとらべらぁずシリーズ! バスボートにタンデ…

ここ最近バスばかり釣りに行っていますが、その理由が虫パターンでの釣りが楽しめること。 数もさることながら、バイトシーンが…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です