タックル関連

ナチュラム オリジナル フロロライトゲーム インプレッション

ナチュラム オリジナル フロロライトゲームを試してみましたのでインプレッションとレビューを書いておきます。

安いながらも並行巻き

消耗品の中で最も悩むのはラインですよね。私もそれはそれはいろいろ試しました。シーバスやショアジギングで使うPEなんかは、そこそこの性能があれば満足して使い倒すのですが、ラインの使用感や信頼性がとても重要になるのが、極細ラインを使ったライトゲームです。
使用するルアーが軽いのでトラブルしやすいですし、ちょっとのことですぐ切れてしまいますから。で、今まではR18 フロロリミテッドが最強のフロロカーボンラインじゃないかなと思っているんですが、フロロカーボンのラインの中でもトップクラスに高いですので、一回か二回の釣行で巻き変えちゃうような使い方をするにはちょっと躊躇します。

2014-11-03-01
2014-11-03-02

先日、ナチュラムでなんか良いラインないかとみてたら、最近シーバスやショアジギングでPEラインを使って非常に好印象なヤマトヨテグスがナチュラムオリジナルラインを作ってると知りました。なんと、150m巻でお値段なんと713円。しかも平行巻きを採用しています。パッケージの梱包まで極限までコストダウンを計って、値段を抑えてあります。このメーカーはこれで利益出るのか?

2014-11-03-03
2014-11-03-04

シマノの1000番に1.5lbを150m巻くと調度良くなりました。C2000に2lbを150m巻くとちょっと巻き過ぎかなという印象です。

で、使用感は?

前置きが長くなりましたが、前回の記事での動画内で2lbをミノーイングで使用してきました。使用感はしなやかさを謳った高級なラインに比べたら若干硬いかなという印象ですが、その分根ズレには強いと感じました。個人的には、これが標準的なフロロカーボンラインの張りの強さじゃないかなと思います。ショートレンジでキャストを繰り返すと、ヨレが若干気になりましたが、150m巻で値段も安いため、気にすること無くどんどん切っていき常に新品状態で使えます。
後日、トラウトフィッシングのマイクロスプーニングで一日中使い倒したり、トラウトより過酷なソルトウォーターのライトゲームで根魚釣るのにボトムをつついたり、アジを狙ったら爆釣した50㎝クラスのボラと戯れたりもしましたが、ラインを信用出来ない不安に駆られることもなく使い続けられたので、しっかりした品質はしてるんじゃないかと感じました。数多の糞ラインに裏切られてきましたが、こいつはある程度信頼して使っていけそうです。
というわけで、2.5lb以下のフロロカーボンラインはしばらくはこいつを使いたいのですが、唯一のネックはまとめ買いしないと送料が無料にならないということですね。
追記:ナチュラムのオリジナルなのにアマゾンでも買えるみたいです。

関連項目

ちょっと前に、ナチュラムオリジナル フロロライトゲームについて記事を書いたのですが、実はその時一緒に、スピニングフロロ …

PEストロングエイトというヤマトヨテグスの新製品、ようやく実釣で使ってきたので参考になればとインプレッションとレビューを…

シーガーといえばフロロカーボンラインの中でも信頼性が高く、人気のシリーズですよね。 しかし、どうも値段が高くて躊躇してい…

サーフからのショアジギしてると弓角勢に釣果で圧倒されることが少なくありません。まず飛距離で大きなハンディキャップを背負っ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です