ビックバスのみを狙う覚悟を決めた。ドラマが俺達を待っている。前編

皆さん春はどんな釣りでお過ごしでしょうか? 私、ぐっさんはプリスポーンのデカバスを求めて釣り場へ通う日が多い今日この頃ですが、なかなか良い結果が出ずに苦しい釣りが続いています。

バスボートが解放されたばかりの豊英ダムで二回連続のボウズを食らってふて寝したり、芦ノ湖では早々にバス狙いに見切りをつけてトラウトに遊んでもらったりという軟弱っぷりです。

しかし、今回はボウズを覚悟してでかいプリスポーンのビックバスだけを狙う覚悟を決め、富士五湖の一つ、西湖へとあだち君と二人で訪れました。山梨でドラマが俺達を待っている気がするんだ。

釣行開始直前、自己暗示の意味も兼ねたつぶやき。

条件は揃った

本当は河口湖に行こうと思っていたのですが、どうやら前日にJBのトーナメントがあるようでプレッシャーがかかっていることが予想されます。

そのため、直前でお隣にある西湖に変更となったのですが、この日のコンディションは低気圧の接近に伴って気温が上昇し、暖かい雨が降っていてプリスポーンのビックバスが接岸する条件も整っているように思えます。

さらに、ボート屋さんの話ではこの日の釣り人は湖全体を通しても我々だけという好条件に恵まれての釣行となりそうです。

俺が主人公だ!

雨の影響で64GBのSDカードが殉職してしまいビデオカメラで撮影していた動画が亡きものになりましたが、iPhoneで撮影した動画が残っていました。

西湖最高です。

1匹目を振り返る

1匹目に関してはO.S.P i-Waver(アイウェーバー)を岸際に投げていたところ、突然下から飛び出してきてルアーをひったくって行きました。半分向こう合わせで強めのスピニングタックルがグングンと曲がります。

あだち君の的確なランディングで幸先良くキャッチしたのは46cm/1680gのナイスバス! 50cmアップには届かなかったもののこの1匹ですでに満足でした。

リリースした後に気づいたのですが、この魚はを釣った周辺にはノッコミで接岸したと思われるヘラブナが大量に群れておりその中かからアイウェーバーを見つけて飛び出してきたものと思われます。

2匹目はサイトでゲット

そして、1匹目を釣った直後、ヘラブナの群れの中に1匹だけ色の違う魚がいました。バスかどうか半信半疑だったのですが、魚の向こう側にアイウェーバーを投げてゆっくり巻いてくると、適度に接近したところでルアーに気づいてチェイスしてきました。さらに、見つけた魚とは別にどこからともなく湧いてきたでかいバスが2匹いて、3匹でアイウェーバーをチェイスしています。

トゥイッチを入れて食わせに入ると、チェイスしてきた3匹の中でも一番でかいのがバイト! パワーのあるスピニングタックルで近距離だったため、バイトから15秒ほどでタモ網名人のあだち君の手でランディング!

50cm/2220gの極太バスです。

ハイランドクリアレイクでビックバスを取るために揃えた、ディスタンスを稼げるパワーのあるロッド、マイクロガイドにフィッティングさせるための小口径スプールを搭載したリール、飛距離が出せる細さと強さをもったPEライン、フックを強化したルアーとすべてがかみ合っていたように感じます。4月のプリスポーン、低気圧、雨、風、という条件に、タックルセッティング、アプローチ、キャスト、食わせ、フッキング全てが完璧だからこその釣果につながったのだろうと信じています。

そして、この日の釣果は朝一に釣れたこの2匹だけでしたが、後日さらなるドラマが待ち受けているのだった…

関連項目

最近は春のバスフィッシングにお熱です。春のバスフィッシングは難しく、なかなか結果を出せていませんが、またしても片倉ダム…

プリスポーンのプリプリのバスを釣るために釣り場へと通う日が多い今日この頃、春バスは難しいと言われますがまだまだバス釣り…

野尻湖では表層での釣りを満喫したのですが、大きいサイズが釣れなかったのが心残りだったため、芦ノ湖に大きなバスを狙いに行…

二日目のレポートはぐっさんが書きます。 ホテルに泊まったので1日目より元気モリモリですね。 二日目の動画 https:…

ビックバスのみを狙う覚悟を決めた。ドラマが俺達を待っている。前編” への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です