タックル関連

虫パターンにはこれを!バニッシュウルトラ 3.5lb!

ぐっさんがPEに人一倍こだわりがある男とするならば、私はフロロカーボンライン(以下フロロ)にこだわりがある男です。
フロロといえば擦れに強く伸び率が少ないので感度が良いというのが利点ですが、スプールへの馴染みが悪い、ごわつきがある為トラブルが起きやすく飛距離がナイロン・PEに比べて落ちるという欠点があります。
というわけで、様々なメーカーの製品を試した私がオススメするフロロをご紹介します。

こだわりのフロロシリーズ

バークレイ バニッシュウルトラ 300m 0.9号 / 3.5lb

2016-01-21-1

ここ数年、バスフィッシングの虫パターンにはまってる私が絶大の信頼を寄せてるラインがコレ。木にひっかかったルアーを外そうとすると船ごと引っ張れる程の強度があります。磨耗性に関しても立ち木が多い片倉やオーバーハングが多い亀山でラインブレイク0という輝かしい成績を納めてます。
ただし、愛用しているレアニウムCI4+C2000HGSに75m巻くとトラブルが頻発するので毎回50m程しか巻いていません。目安としてハンドルを63回転、一応予備は毎回持参していますが現場で巻き直したことはないですね。この後に発売されたバニッシュレボリューションはしなやかさが向上しており使い易いのですが300m巻きがなかなか発売されず未だにコストパフォーマンスに優れたコチラを愛用しております。
虫パターンにおいて使うラインの太さは非常に気を使います。4lbだと飛距離が落ちすぎてしまいますし、3lbだと細すぎてカバーに虫を投げる時に不安を覚えます。間をとって絶妙なところの3.5lbという強さにたどり着きました。愛用しているレインのインセクターをストレスなく扱うための最適な太さです。スピニングのフィネスには間違いなくお勧めできるラインですよ!

関連項目

集魚剤ってどれくらい効果があるもんなんでしょうかね? ちょいと前にガルプを買った時はその効果を発揮する前にお蔵入りとなっ…

シーガーといえばフロロカーボンラインの中でも信頼性が高く、人気のシリーズですよね。 しかし、どうも値段が高くて躊躇してい…

三浦某所での食わないボイルを攻略したといえるここ最近のシーバス釣行ですが、ボイルの規模から言うと釣れているシーバスはまだ…

タイトル通りステラに糸を巻くだけの記事ですが、糸巻き量の表記ってどうなのって時ありませんか? 当然、ラインによって太さは…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です