ブラックバス

価値ある一匹を求めて激渋と噂の津久井湖いってきた。

どうも、あだちです。

涼しいというか寒い今日この頃、何を血迷ったのかタフレイクとして名高い津久井湖へ行ってきました。

価値ある一匹を求めて

普通のダム湖は冬は減水・夏は満水するものなのですが津久井湖はこれが逆です。夏期は水が減って濁りも入り魚の密度が上がって沢山釣れるのですが、冬季に向けて増水してくるとカバー地獄になり一匹の価値が極めて高いフィールドへと変貌します。しかも、水温低下で水はクリアになりシャローのバスは難易度も高くなるので、ほとんどの方がディープへシフトするのですが、難しいことが苦手な私はもちろんシャローで勝負します。

アベレージサイズはいち早く深場へ落ちますが体力があるデカバスがまだまだシャローに残ってる時期ですからね。テキサス・スモラバ・ディープクランクを組んだタックル3本だけ積み込んで出船します。

今回は三井大橋より下側に絞りランガンしていくことにしましょう。まずは前日の木枯らしで出来たハードなゴミ溜まりを1/2ozのテキサスリグで撃ちまくります。馬渡ワンド・鐘淵をテンポよく探りましたがショートバイトが3回ありクローワームの爪が取られました。水質がクリアだからこそ身を隠せるゴミ溜まりに固まるはずと読んでましたが、天気も曇っていることもあり予想が外れたようです。

次に串川放水路へ向かいディープクランクを投げまくります。ここは通年ベイトが溜まるし水も動くのでやる気があるバスが多いのですが、今日はぐっさんが乗ってるわけでもないのに魚探にベイトが映りません。ダウンショットやらメタルで粘れば釣れるでしょうがサイズが期待出来ないので移動します。

バスを求めてあっちこっち

向かったのは寺下と呼ばれるポイントで上流からの流れがあたるエリアです。岬と立ち木が絡む場所に到着して第1投目、フォール中のBFカバージグに何やら違和感がありアワせてみると30cm位の元気なバスが釣れました。

しかも日陰だったので夏モードかもと残り時間は水通しの良いエリアをランガンしたのですが結局何も起こらずに終了となりました。おかしいなまだまだ釣れるはずなのにどうしちまったんだ…

前日に吹いた木枯らしで急激に冷え込んだことも理由だと思いますが、水温が18℃もあったのに釣れなさすぎました。今年のバスシーズンはまだまだ終われない!そう心に誓った釣行でした。

関連項目

どうも、津久井通い中のあだちです。前回の釣行はこちらです。連日の津久井湖釣行の二日目になります! 二日目!湖全域をチェ…

どうも、あだちです。 釣りに行き過ぎて疲労感がヤバイです。今月は遠征も控えてるのでいいかげん休養しないといけませんね。…

バスもシーズンインした頃にタフレイクを通り過ぎてデスレイクとして名高い津久井湖にあだち君と一緒に行ってきましたよ。 め…

どうも、津久井湖通い込み中のあだちです。 家から近いもののタフレイクという事でなかなか足の向かない津久井湖ですが、前回…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です