秋の片倉ダム、渋い中頑張ってきた!

若い頃は海だ川だので騒ぎ倒して飾られていた夏の思い出は、今年はひょんなことから始めたバスフィッシングによって彩られました。シーズンも終わりを迎えつつある今日この頃、片倉ダムのもとよしボートに、2015年のバスを締めくくりにあだち君と遊びに行ってきました。

片倉ダムへ

前日にボート屋さんの釣果情報の常連であるよしを氏が行っていたようですが、バイトもなしの完全ボウズだったとのこと。釣果情報を聞いても渋い日が続いているようで、あだち君はまだしも引き出しの少ない私に釣れるのかな?

朝一はもとよしボートから笹川上流に向かいやる気のあるバスを探します。一番に出船して探りながら上流へと船を向けたのですが、この時期になると上流では浮き草が大量発生して湖面を覆い尽くすようであたり一面が緑色です。この浮き草の下にバスが溜まり釣果に結びつけやすいようで、どうやら他の出船者も同じ狙いなのかどんどん追い抜かれてしまいました。

技ありの一本

焦らず自分たちのスタイルで釣りあがっていくと、あだち君の投げるO.S.Pのスピンテールフロッグに2投連続して激しいバイトがありました。フロッグではのせきれないと判断したあだち君はフォローでレインのインセクターを投げ込み、見事40cmのバスを釣り上げました。浮き草のおかげか人の気配に気づかれにくく、同じ個体が4回も水面を割ってきたため、後ろにいる私もドキドキしてしまったものです。

朝一の狙い通りの釣果に期待感が高まりますが、上流部でのバイトはそれっきり。いつも通り下流へ流しながらスモラバでカバーを打って行って私が38cmのバスを、あだち君が30cmくらいのバスをそれぞれ加してこの日は納竿となりました。渋い渋いと言われたなかで船中3本の釣果はかなり良い方のようです。

2015年のバス、完

というわけで、私の2015年のバスフィッシングはたぶんこれで締めくくりです。

今回はどうしても新調したベイトフィネスタックルで釣りたくて、1日の大半をスモラバを投げ倒してたのですが、結果としてそこそこのサイズが自分の釣りたい釣り方で釣れたので、一匹という釣果ながら満足感は大きく、いい形で今年のバスフィッシングを終えられたんじゃないかと思います。

関連項目

釣りよりも動画撮影に力を入れたぐっさん&あだちによるバス釣り動画です。 バスボートにタンデムで釣行して、後ろの…

このブログに良く登場するあだち君は、根魚釣ったりトラウト釣ったりしていますが、本来はブラックバスがメインです。そのあだ…

プリスポーンのプリプリのバスを釣るために釣り場へと通う日が多い今日この頃、春バスは難しいと言われますがまだまだバス釣り…

釣りよりも動画撮影に力を入れたぐっさん&あだちによるバス釣り動画です。 バスボートにタンデムで釣行して、後ろの…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です