タックル関連

ラピズム モノ セカンドインプレッション!

衝撃のデビューからかなり使い込んだラパラのハイコストパフォーマンスライン、ラピズムシリーズ。いろいろな釣りに使ってみたので、ここいらでラピズム モノのセカンドインプレッションです。ファーストインプレッションのこちらの記事も合わせてお読みください。

ラピズムを細かく見ていく

ラパラ ラピズム モノ 0.4号 / 2lb
RAPALA Rapizm Mono 2lb

2015-10-21-02

トラウトマイクロスプーニングに使用しました。0.4号でも2lbもあるため、引っ張り合いでは若干無理しても大丈夫かなという印象。アンダー1gのルアーはラインの太さによって、飛距離に大きな影響があるが、ナイロンのしなやかさと比重の軽さによってやたらとルアーがよく飛ぶ。低伸縮でありながらナイロンのしなやかさを残しているため、0.4gの軽量スプーンも非常に扱いやすかった。しかし、ナイロンであるため根ズレには弱いのは否めない。ソルトウォーターライトゲームに、何故かトラウトタックルを持ってきたあだち君がやむを得ずこのラインを使用し、良型のカサゴ、メバルを寄せることはできても、手前のテトラでの根ズレでその細さも相まって驚くほどあっさりと切られてしまった。。これはかなり極端な例だが、根の無いエリアでのマイクロスプーニングやメバリング、アジングには非常に良いラインではないかと思う。また、しなやかであるためライン自体は結びやすいものの、若干結び目の強度が下がりやすい気がするので小まめな結び直しを心がけたほうがいいだろう。
ラパラ ラピズム モノ 0.5号 / 3lb
RAPALA Rapizm Mono 3lb

2015-10-21-03

ストリームタイプのエリアのミノーイングや、ポンドタイプのクランキングに使用。トラウトゲームで人気の高いフロロの3lbに比べて格段に細いため、やはり飛距離では格段のアドバンテージがある。3lbもあれば引っ張り合いではかなりの信頼を置くことが可能で、大物で有名な鹿留パインレイクでやたらと走るレインボーも問題なくキャッチできた。足柄の動画では50cmクラスの鯉に切られてしまっているが、早く寄せようとドラグを限界まで締めてバッドまでひん曲がってる状態でのブレイクであったため時間をかければ取れただろう。エリアでは汎用性も高く非常使いやすいラインである。
ラパラ ラピズム モノ 0.8号 / 4lb
RAPALA Rapizm Mono 4lb

2015-10-21-04

ネイティヴタイプのエリアや、大物ポンドでのミノーイングなどに使用。トラウト狙いには通常であるなら十分すぎる強さ。40cmまでのトラウトならガンガン寄せれるだろう。また、なかなか技術が進歩しないすが君や、最近釣りを始めたつばっちのリールにはこれが巻いてあり、トラブルもラインブレイクも少ない様子であるため、フロロの3lbを使うよりははるかに初心者にもお勧めできる。4lbならソルトウォーターライトゲームでも主導権が握れるため、余程の大物で無い限りはこのラインで根から引きずり出してしまえば問題もなさそうだ。
ラパラ ラピズム モノ 1.0号 / 6lb
RAPALA Rapizm Mono 6lb

2015-10-21-05

バスでのスピニングライトタックルで使用。一日中このラインを使ってバスを探し回ったが、ミスキャストでカバーに引っ掛けたときにラインを切るのに苦労するほどの強さ。しなやかでノーシンカーのワームでも扱いやすく飛距離も稼ぎやすい。同じルアーでもフロロの3lbを使用していたあだち君よりも飛距離が出たほどだ。40cmくらいまでのバスなら比較的強引に寄せれるが、あまりヘビーカバーに打ち込んだりするのはやはりナイロンであるために厳しそうだ。
ラパラ ラピズム モノ 1.5号 / 8lb
RAPALA Rapizm Mono 8lb

2015-10-21-06

大きなレイクのトラウトゲームやバスゲームで使用している。8lbもあればかなり強引にやりとり可能で、カバーから無理やりバスを引き離せるのが強みである。エリアトラウトでバス用のフィネスタックルを使って大物狙いをするときにも使用したいと感じているラインである。この太さになると、いかにナイロンといえども伸縮性が低いこのラインでは若干の張りの強さを感じる。

総論とか

総論としてはコストパフォーマンス優れた超実践的ラインであるということ。しかし、使い込んで感じるのはナイロンとしても弱いと感じる耐摩耗性の低さ。あくまでも根ズレの可能性が高いシュチエーションでは使うべきではないと感じています。しかし、それを差し置いて余りあるキャストフィールの良さ、感度の良さはこのラインならではといえるだろう。トラウト、メバル、アジ、オープンエリアのバスでは文句無しにおすすめできるラインだ。値段も相まってラインに悩んでいる方は一度試してみる価値はあるんではなかろうと思う。
ちなみに、細かくレビューを描いたが、あだち君に言わせれば、安い、細い、感度良い、根ズレに弱いということをよくここまで長く出来るなと感心されてしまった。それほど気に入っているラインなので、是非お試しくださいな。

関連項目

ラパラよりラピズム モノという新しいラインがリリースされました。ナイロンラインは久しく使ってなかったのですが、極細ライン…

ラパラから発売のRAPizm-X (ラピズム エックス)シリーズ使ってきたのでインプレッションとレビューです。発売される…

今年に入って私やすが君の影響で釣りを始めた正義のために戦う企業戦士つばっちくん。ついにマイロッドとマイリールを購入しまし…

最近、釣りに行く頻度が下がってますが、春に向けて着々と準備中です。 でっかいトラウトを狙う ネイティブトラウト用に重めの…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です