オフショアタックル関連

海外版トリウムの覚書

オシアジガーや国内版トリウムに左ハンドルがないことにブチ切れて、海外版トリウムを輸入して使っています。残念なことに国内には左ハンドルで大型のジギング用のリールというものは存在しません。そのため、左巻きのジギンガーはアキュレートかマクセルか、このトリウムくらいしか選択肢がないと言っても過言ではない状況なのです。

いちいちUSシマノのウェブサイトにスペックを確認しに行ったり、インチをメートルに直したりするのがめんどくさいため、海外版トリウムのスペックを日本人にわかりやすく自分用のメモも含めて記載することにしました。

海外版トリウムスペック表
品番ギア比最大
糸巻き量
ドラグ力糸巻き量(PE)
TOR16PGA
(2000番相当)
4.6:186cm15kg1.5-1200
2-900(*)
3-600(*)
4-450
5-360
6-300
TOR16HGA
(2000番相当)
6.2:1116cm10kg
TOR20PGA
(3000番相当)
4.6:186cm15kg2-1200(*)
3-800(*)
4-600
5-480
6-400
8-300
TOR20HGA
(3000番相当)
6.2:1116cm10kg
TOR30PGA
(4000番相当)
4.6:186cm15kg3-1200(*)
4-900
5-720
6-600
8-450
10-360
12-300
TOR30HGA
(4000番相当)
6.2:1116cm10kg
(*)がついている項目は実際に巻いてチェックしている項目になります。また、16から30はスプール幅が違うだけです。
実際に糸を巻いた感じ

16HGALに3号を600m巻いた状態。

20HGALに3号を800m巻いた状態。

20HGALに4号を600m巻いた状態。

こんな感じになります。

国内版と海外版の違い

国内版とはスプールの形状が違うため、糸巻き量に多少の違いがあります。国内版のトリウムやオシアジガーより糸巻き量がすこし多いはずです。ボディサイズが同じなのに糸巻き量が多いとはなんかお得感がありますね(?)

しかし、オシアジガーや国内版トリウムにあるハンドルを回すとクラッチが戻る機能がありません。大したデメリットではありませんが、気になる人はいるかもしれませんね。

私のようにディープでのスロージギングを左ハンドルでやりたい奇特な人にはお勧めできる安価なリールとなってます。国内には左ハンドルでスロージギングができる大型リールが存在しないので、気になる方はeBayかUS Amazonで簡単に買えるので是非試してみてください。

関連項目

タイトル通りステラに糸を巻くだけの記事ですが、糸巻き量の表記ってどうなのって時ありませんか? 当然、ラインによって太さは…

若干シーズンに遅れてる気がしますが、この夏使い込んだシマノの新作ウェアが非常に良かったのです。今まで愛用しているラッシュ…

竿が折れたり、自己記録更新確実なシーバスをバラしたりと最近運に見放されているくによし君。 http://foolishh…

こんにちは、あだちです。 ぐっさんがブログ更新をさぼっている間に、これからの時期に出番が多いフロッグタックルを新調しまし…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です