シーバスフラットフィッシュ

大荒れの外房!久々に良い釣りができたよ!

1月から3月にかけてのまとめなんかを書きましたけど、なかなか釣果に恵まれていませんね。
まあ、新しい釣りを始めてしばらくはそんなもんです。特にロックショアジギングという難しい釣りにチャレンジしてるんですから、ボウズでもめげずに通ってればいつかは結果は出るんじゃないかと思うんです。

早速ヒラメ登場!

4月の中旬くらいのこと、この日もくによし君と外房にボウズ覚悟で突撃して来ました。この日は南風がかなり強く吹いていて荒れることが予想できるので、朝マズメは安全を考慮して磯ではなくサーフにエントリーすることにしました。
南風が吹けばいい結果になることが多いのですが、目的のサーフについてみると、ルアーがまっすぐ飛ばないほどの強風です。これで底荒れして白っぽく濁ってたら微妙なんですけど、海は底荒れしておらず鳥も飛んでいて実に釣れそうな雰囲気です。
このポイントは以前に下見をしたことがあって、波の立ち方からボトムの起伏をある程度把握しているので、大きなスリットになっているポイントを目指してランガンして行きます。磯と違ってサーフなら何処を攻めるべきか、経験から自信を持って釣りをすることができますね。そして目的のポイントにたどり着くと...

狙いのポイントに入ってすぐヒット!まだ暗い時間帯からヒラメをゲットです!スリットのカケ上がりにぶん投げて早巻きしてたら食って来ました。

ヒットルアーはむろ君オススメのデュオのビーチウォーカーアクシオン!これぶっ飛ぶし使いやすくて非常に気に入りました。サーフのヒラメ狙いでは間違いなく一軍入りで、これからも出番が多そうなルアーですね。

くによし君はシーバスを釣る

離れた場所で釣りをしているくによし君を呼びに行くがてら、ヒラメを車の中のクーラーボックスに入れに行くことにしました。くによし君にブツ持ち写真をとってもらってスリットが熱いと伝え、車で魚を処理して釣り場に戻ります。すると...

くによし君が70cm弱のよく太ったシーバスを同じポイントでゲットしていました!

ヒットルアーは同じくビーチウォーカーアクシオン、ヒラメ狙いのミノーの早弾きに食って来たみたいです。ヒラメかと思って期待したと言っていましたがいい笑顔です。

サラシの中からシーバス爆釣!

スリットに一通りルアーを通した後、海藻が生えていてシャローになっているポイントに鳥が多く飛来していることに気づきました。フィッシュイーターに追われたベイトがシャローのサラシの中に逃げ込んでいるのではないかと判断して、テトラ帯に移動してサラシの中を狙って見ます。サーフでの釣りですが、この後、地磯にランガン予定なのでウェットスーツを装備していてテトラの上からの釣りでも安全対策もばっちしです。
ルアーをビーチウォーカーからジャンプライズのかっ飛び棒に変更して、表層を気持ちスローに誘ってくるとほどなくしてヒット!

60cmほどのシーバスをゲット!かっ飛び棒は風の中でもとてつもない飛距離を叩き出してくれ、サラシの中でもゆっくり表層を引ける非常に優れたルアーですね。今まで食わず嫌いで使ってきませんでしたが、さすがご当地ルアーといえるよくできたルアーだと思います。

くによし君もヒラメ用のシンキングミノーからシンキングペンシルに変えてサラシの中の表層を探っているようです。

ヒットルアーはスカジットデザインズのスライドベイトヘビーワン28g!スカジットデザインズが大好きなくによし君らしいルアーセレクトですね。

同じようにサラシの中を二人で攻め続けて、入れ食い状態を堪能することができました。

この日の最大サイズ、70cmアップのよく太ったシーバス。元気よく引いて楽しませてくれました。ヒットルアーは同じくジャンプライズのかっ飛び棒

くによし君もスライドベイトヘビーワンでどんどん釣り上げて行きます。
ただ、サーフや磯での釣行を考えていたためランディングネットがなく、一人が釣ったらもう一人がテトラ際に降りてフィッシュグリップでランディングしなければいけないので、数を伸ばしきれなかったですね。

ダブルヒットした場面もあったのですが、それはそれはランディングが大変でした(笑)ネットがあったらもっとたくさん釣れたかもしれません。
二人でヒラメを含めて朝マズメの短時間で2桁釣果に乗ったところで反応がなくなりました。近くにいた人は60cmくらいのヒラメも釣り上げてたみたいで、この日はかなり海況が良かったんじゃないかなと思います。
ちなみにこの後、磯をランガンしましたが、朝一暗い時間から磯に立ってた人たちはヒラスズキからの反応が得られたようです。私たちが入った時にはダメでしたが、やっぱり南風が吹いた時ってのはチャンスは大きいものですね。
冬の外房ではボウズが続きましたが、久々にいい釣果が得られて満足度が高いです。これだから釣りはやめられないね!

使用タックル
ロッド ufmウエダ プラッギングスペシャル ボロン CPS112EX ’99 Limited Edition
リール シマノ 12 レアニウムCi4+ 4000XG
ライン よつあみ G-soul スーパージグマン WX8 1.5号 / 30lb
リーダー よつあみ Galis FCアブソーバー 8号 / 30lb
関連項目

ヒラマサを求めては外房の磯に通っているのですが、ヒラマサらしき魚影は見えども釣り上げることはできずにボウズの日々が続いて…

事故的にヒラスズキを釣って以来、ヒラマサを求めて磯に通うものの中々結果が出ない日々が続いています。前回の釣行はこちら。 …

秋も終わりを迎えた頃、湾奥でのシーバスの釣果が振るわない様子だったので、千葉のシーバスジャンキーこおり君に案内してもらっ…

ランカーまで登場した前回の湾奥のウェーディングシーバスゲーム。ベストシーズン中での釣行ということもあっていい結果が出てい…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です