ショアジギングタックル関連

気付いたらまた竿が増えちゃったよ…

さてさて、最近の私のロッド事情なんですけど、ヒラスズキ狙いには11ftで45gまで投げれるロッド、ヒラマサ狙いには9.8ftで100gまで投げれるロッドを使っております。

外房なんかはでは、ヒラスズキが狙えるときとヒラマサが狙えるときが重なるときがあるようなんですけど、ヒラスズキロッドでヒラマサかけたら取れるかわからないし、ヒラマサ用のロッドではヒラスズキ狙うのにあまりにやりにくいです。場所によっては二本持っていけることもあるんですが、中間くらいのロッドで全て一本でできればと考えていました。

あったよちょうどいいのが

そんなこんなで、ヤフオクをなんとなく観覧していたある日、私に衝撃が走ったのでした。見つけたロッドはこれ。

ufmウエダ パワープラス ミッドショア GHS-112 The Final “GSH”

ufmウエダ解散後の2013年にThe Final “GHS”を冠して製造されたわずか2本のロッドのうちの1本。こんなの見つけたら最後のウエダ信者を自称する私が買わないわけにいかないでしょ?

オリジナルとの違いはガイドがKW&HVガイド仕様となっていること、バットガイドがHVガイドで、それ以外がKWガイドですね。どうせならバットガイドもKガイドにして欲しかったけど、余ったパーツでのビルドだからしょうがないのかな。

触って見た感じとしてはティップはヒラスズキロッド並みに柔らかいんだけど、バットが異常に太くてかなり粘りが効きそうな感じ。実際に魚をかけて見ないとわからないけど、相当なテンションがかけれそうではある。

まあ何はともあれ、一本で両対応できるロッドを探していたので、非常に満足度の高い買い物になりそうです。今度からこれがメインロッドになりそうな予感ですな。

関連項目

2012年にufmウエダが解散してからというもの、シーバスロッドで次はどの竿を買おうか見失ってる人ってのは多かったんじ…

生粋のウエダ信者の私ですが、前々からほしいと思っていた竿を見つけたので、この機会を逃せば次はないと思い、ノリと勢いでま…

2012年 08月 17日、ufmウエダの解散の知らせは、全国のウエダ信者たちに衝撃を与えた。 ウエダ解散の衝撃 唯一…

川柳的なタイトルになりました。最近はufmウエダを知らない人も増えてきましたね。昔は一世を風靡したロッドも会社の解散か…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です