雑記魚食系男子

拾ったカタクチイワシうますぎた話

イワシが寄っているというんで、房総半島にヒラマサ狙いに行ったんですけど、イワシは沢山いてもボイルや水中で追われてる気配はなく、ボウズで終わってしまいました。
波にさらわれてイワシが広い放題になったので、ショックリーダーとかライターなどを入れてるジップロックに入れれるだけイワシを入れてきましたよ。

イワシ取り放題ツアー

昨日も貼りましたけど、その時の動画がこちら。


まさしく取り放題というにふさわしかったです。



そのイワシがあまりにうますぎた

カタクチイワシって海産資源の中でもフィッシュイーターにとっても、我々人間にとってもかなり重要な位置にいる魚らしいんです。日本で最も漁獲量の多いのがこのカタクチイワシで、仔稚魚の総称であるシラスは主にカタクチイワシの仔魚だし、小さな青魚を干した煮干しもカタクチイワシが最も一般的です。
シラスや煮干しとして流通して、知らず知らずのうちに食べているカタクチイワシですが、普段意識してカタクチイワシの成魚を食べるぞーって機会はあまりないと思うんですよね。というわけで、カタクチイワシであることを意識してたべれる調理方法を選びました。
とりあえず、持って帰ったイワシは、ボウルにたっぷりの氷と塩を入れた水でかき混ぜて、滑りと鱗を全部落としました。

頭と内臓を落として、味付けしてから揚げてまずは唐揚げ。衣の味に負けずにしっかりとカタクチイワシの味がして来てびっくりしました。いろんな魚を唐揚げにしてたべて来ましたが、煮干しとして出汁に使われるだけあってとにかく味が濃いんです。

味付けしないで揚げたものは南蛮漬けにしました。南蛮漬けのタレに負けない濃厚な味で二日かに分けて食べようかと思ったのに、1日でご飯お代わりして食べきってしまいました。南蛮漬けといったら普通はアジなんですけど、アジの南蛮漬けより私はカタクチイワシの南蛮漬けをオススメしていきたい。

発泡酒も添えて攻守ともに完璧な構え。こんなに小さな魚なのにすごく味が濃くてめっちゃくちゃ美味かったです。
ああ、なるほど、これだけ美味ければフィッシュイーターだって夢中になるし、海産資源として重要ってのも頷けるなって思うほど美味しかったです。
これだけおいしいなら、投げサビキでイワシだけ釣りに行きたいと思うくらい好みの味だったので、このまま釣れない日々が続いたらジグサビキおじさんに転職してるかもしれませんね...

関連項目

もうだいぶ前になりますが、4月の中旬にTwitterで知り合った方々と新潟までサゴシ(サワラの小さいやつ)を釣りに行って…

旧年中はご厚情を賜り、誠に有難う御座いました。本年も相変わらず、よろしくお願いいたします。皆様のご健康とご釣果をお祈り申…

ちょっと昔にテレビコマーシャルで話題になったミルフィーユ鍋をご存知でしょうか? 白菜と豚肉を敷き詰めてだしで煮るだけの簡…

神奈川県を中心にルアーフィッシングを楽しむ釣り馬鹿達の日記帳がこのブログのコンセプトであるため、基本的には陸っぱりからの…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です